不規則な食生活で現れる脂肪肝|サプリや栄養素で症状改善

シニアの男女

肝臓を支えるサプリ

3人組の男性

肝臓に効く健康食品の特徴

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、不調を自覚しづらい臓器であるにも関わらず、慢性疲労や全身に関わる疾患が起こることもある重要な臓器です。肝臓の機能を低下させるものとして、内臓脂肪が蓄積される脂肪肝という疾患があります。脂肪肝を患うと肝臓のアンモニア代謝機能が低下し、疲労や肝臓へのダメージに繋がるアンモニアが排出されない状態続きます。脂肪肝の解消には食生活でアルコールや脂肪の摂取量を減らすとともに、有効成分をサプリでしっかり補うことが推奨されます。肝臓の細胞の回復を促すタウリンや、肝臓で直接アンモニアの代謝に関わるオルニチンは特に重要で、十分に摂取することで脂肪肝の予防や改善に繋がります。これらはしじみに多く含まれている栄養素ですが、日常的にしじみを大量に摂取することは難しいため、手軽に取り入れられるサプリが多く発売されています。

生活習慣の改善も行おう

脂肪肝への対処法ではタウリンやオルニチンの摂取が効果的ですが、これらが肝臓で減少しているわけではありません。普段の食生活で余計な栄養素が多いため、積極的にサプリメントでタウリン・オルニチンを補うことを欠かさないことが肝心なのです。脂肪肝の原因は食事での過剰なカロリー・アルコールの摂取、運動不足が根本にある場合がほとんどです。食事で摂取したカロリーは、消費カロリーより少ない場合脂肪として蓄積されていきます。また、アルコールは肝臓でアンモニアに分解されますが、過剰摂取で代謝が追い付かず、肝臓に大きな負担がかかります。食生活を改善しつつ、摂取カロリーと消費カロリーが同じ程度になるように運動を行い、サプリメントを補助的に取り入れましょう。

体に必用な脂肪酸とは

サプリメント

オメガ3脂肪酸は必須脂肪酸の一つでα-リノレン酸やDHA、EPAなどのことです。α-リノレン酸は体内酵素でDHAやEPAに変換するので直接これらの成分をサプリメントからとるほうが効率的です。サプリメントは抗酸化成分やほかに有効成分も含まれています。豊富な栄養素が入っているのに価格もお手ごろです。

詳しく見る

ベリー成分の効果

男女

アントシアニンには、肥満やアレルギー疾患を予防、改善する効果もあります。このような病気が増える世代に役立つのが、ブルーベリーのサプリです。体の酸化が眼に表れると、白内障などを引きおこし視力に影響が出るため注意を要します。早い段階からのサプリの利用が、病気のリスクを減らす一つの方法です。

詳しく見る

話題のユーグレナとは

サプリ

ミドリムシは、植物と動物の栄養を持つため話題となっています。ミドリムシサプリは沢山ありますが、どれも同じだと思うのは用心が必要です。商品によって配合量が異なっています。ミドリムシがブームになった理由は、栄養価と吸収率が高いからです。また、脂肪などの老廃物を吸着し、排出する効果を持っているからです。

詳しく見る